ラーメン用語

こんばんは。

お盆休みも終わり、明日から通常のタイムテーブルに戻られる方が大半でしょうか。
はりねずみもお盆ウィークは賑わいがあり、嬉しく楽しい時間でした。
暑い中ご来店いただき、ありがとうございました。
今日は一転、静かな1日となりなりましたが、またここから1日1日、一杯一杯の積み重ねです。

さて、タイトルの「ラーメン用語」について・・・。
最近は私も少しはわかるようになってきたのですが、最初は「???」の言葉が多くあり、「カエシって何?」状態でした。
ポールとかシャッターズという言葉にも、思わず「なるほど・・・」と感心してしまいました。
(清湯スープ、白湯スープは、意味の理解が曖昧だった上、「ちんたん」「ぱいたん」の読み方もわからず(中華料理の言葉ですよね)、さすがに「これくらいは知っておくように!」と店主に注意を受けました(´・_・`))

それにしてもこういう特殊な用語が存在すること自体、ラーメンがユニークで独自の世界観をもつ食べ物なんだな、と再認識します。文化と言葉は密接に関係していると思うので、これだけ熱い支持を受ける「ラーメン」を考えると自然なことなのかもしれません。

ラーメンのジャンルを考えてみても、豚骨、醤油、塩、味噌・・・など様々ですよね。
煮干しはひとつのジャンルにはならない!? はりねずみの煮干しらぁ麺の場合、たれは醤油ベース(白醤油を使用しています)だから醤油ラーメンか。 

まだまだ勉強が足りていません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

harinezumi2017

Author:harinezumi2017
ブログ初心者のらぁ麺屋の女将です。
気ままな更新になりますが、皆さまどうぞよろしくお願いいたします!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR